Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

ウェブでのリアルタイム コミュニケーション

WebRTC を使用すると、オープン標準上で機能するリアルタイム通信機能をアプリケーションに追加できます。ピア間で動画、音声、一般的なデータを送信できるため、デベロッパーは強力な音声 / 動画通信ソリューションを構築できます。このテクノロジーは、すべての最新のブラウザと、すべての主要プラットフォームのネイティブ クライアントで使用できます。WebRTC を支えるテクノロジーはオープン ウェブ標準として実装されており、すべての主要ブラウザで通常の JavaScript API として利用できます。Android アプリや iOS アプリなどのネイティブ クライアント用に、同じ機能を提供するライブラリが用意されています。WebRTC プロジェクトはオープンソースで、Apple、Google、Microsoft、Mozilla などでサポートされています。 このページは Google WebRTC チームによって管理されています。
WebRTC のユースケースは、カメラやマイクを使用する基本的なウェブアプリから、より高度なビデオ通話アプリケーションや画面共有に至るまで、さまざまです。テクノロジーがどのように機能するのか、そしてどのように利用できるのかをわかりやすく説明するため、さまざまなコードサンプルを集めました。
WebRTC アプリケーションは通常、共通のアプリケーション フローを実行します。メディア デバイスへのアクセス、ピア接続の開始、ピアの検索、ストリーミングの開始。新しいデベロッパーは、開発を開始する前に WebRTC の概要を読むことをおすすめします。
まず Codelab から、ウェブ用 WebRTC API(JavaScript)の理解を深めましょう。