Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

バグ報告

WebRTCに関連するバグトラッカーがいくつかあります。

ChromeとWebRTCのエンジニアによって継続的にトリアージされています。

良いバグ報告を提出する方法

指示

  • 使用するバグトラッカーを特定します。
    • Chromeで問題が発生した場合は、 Blink> WebRTCコンポーネントを使用してバグを報告してください 。これは、「私は何かを構築しようとしているWeb開発者です」と「ブラウザAPIの問題」を選択した後に行うことができ、適切な人々があなたのバグを確認できるようにします。
    • ネイティブコードを使用する開発者は、 このリンクからバグを報告してください
  • 下記のデータポイントから可能な限り多くを含めてください。

データポイントの例

  • ブラウザ/アプリのバージョン
    • Chromeの場合:chrome:// versionからコピー/貼り付け
    • WebRTCネイティブコードの場合:該当する場合、アプリケーションが使用するブランチ(例:トランク)およびWebRTCリビジョン(例:r8207)を含めます。
  • オペレーティングシステム(Windows、Mac、Linux、Android、iOSなど)とバージョン(Windows 7、OS X 10.9、Ubuntu 14など)
  • ハードウェアプラットフォーム/デバイスモデル(PC、Mac、Samsung 4S、Nexus 7、iPhone 5S、iPad Air 2など)
  • カメラとマイクのモデルとバージョン(該当する場合)
    • Chromeのオーディオとビデオデバイスの問題については、 https://test.webrtc.orgでテストを実行してください 。テストの実行が完了したら、上部のバグアイコンをクリックしてレポートをダウンロードし、レポートを課題追跡に添付します。
  • ウェブサイトのURL
  • 再現手順:バグの再現方法に関する詳細情報。該当する場合は、HTML + JavaScriptの最小限のテストページを添付またはリンクしてください。
  • クラッシュの場合
    • Chromeの使用中にクラッシュが発生した場合は、こちらの手順に従ってクラッシュIDをお知らせください。
    • WebRTCネイティブコードの使用中にクラッシュが発生した場合は、完全なスタックトレースを含めてください。
  • 機能の問題やICEの問題については、Chromeまたはネイティブアプリケーションで、 ネイティブログを収集してください。
  • Chromeでの接続の問題については、通話を開始する前、および通話の進行中に、chrome:// webrtc-internalsが別のタブで開いていることを確認してください。
    • ダンプの作成セクションを展開し、
    • [PeerConnectionの更新と統計データをダウンロード]ボタンをクリックします。ダンプをローカルマシンに保存するように求められます。そのダンプをバグレポートに添付してください。
  • Chromeでの音質の問題については、通話中に、
    • 別のタブでchrome:// webrtc-internalsを開いてください。
    • ダンプの作成セクションを展開し、
    • [診断オーディオ録音を有効にする]チェックボックスをオンにします。ローカルマシンに記録を保存するように求められます。通話が終了したら、録音をバグに添付します。
  • エコーの問題については、エコーを聞く側ではなく、エコーを生成する側からオーディオ録音をキャプチャしてみてください。たとえば、UserAとUserBが通話中で、UserAが自分の話し声を聞く場合、UserBからオーディオ録音を取得してください。

セキュリティバグを提出する

WebRTCチームはセキュリティを非常に真剣に考えています。 WebRTCに脆弱性が見つかった場合は、バグがChromiumではなくネイティブのWebRTCコードにのみ影響する場合でも、 Chromiumのセキュリティバグを報告してください。

修正されたChromiumのセキュリティバグの履歴は、Google ChromeのリリースブログのStable Channelアップデートのセキュリティノートで最もよくわかります

公開された修正済みのType = Bug-Securityバグを課題トラッカーで見つけることもできます(注:セキュリティバグは通常、修正後14週間で公開されます)。 Chromiumが使用していないWebRTCコードにバグがある場合(Android / iOSのJava / ObjCラッパーなど)、 discuss-webrtcで個別に修正を発表します。

公開されているすべてのネイティブのみのセキュリティバグのリスト

通常、セキュリティ修正をブランチにマージしないため、古いブランチを使用している場合は、関連するセキュリティ修正を確実にマージする必要があります。

Chromeのセキュリティバグに関する通知を受け取る

Chromeのセキュリティバグのアクティビティ/コメントに関する自動通知を受け取るには、特定のバグに対して明示的にcc:d(バグにアクセスできるユーザーによる)であるか、すべてのセキュリティバグ通知の特別なメーリングリストの一部である必要があります。このリストを取得するには、Chromeセキュリティチームに申し込む必要があります。詳しくは、 Chromeセキュリティページの「Chromiumの脆弱性にアクセスするにはどうすればよいですか?」をご覧ください 。ページの下部にあります。

Chromeのセキュリティ通知リストには、WebRTCだけでなく、Chromeのすべてのセキュリティバグに関する通知が送信されることに注意してください。問題はWebRTC関連のコンポーネント(Blink> WebRTC、Blink> GetUserMedia、Blink> MediaStream、Blink> MediaRecordingのいずれか)でタグ付けされる可能性が高いため、通常、問題がWebRTCに影響するかどうかを判断することは問題になりません。またはそれらのサブコンポーネント。

リストによって許可されたアクセスは、Type = Bug- Securityのバグにのみ適用されることにも注意してください。ただし、クラッシュ、メモリリーク、その他の潜在的な脆弱性に関するすべてのバグがBug-Securityとしてマークされているわけではありません。バグのどのカテゴリがセキュリティバグと見なされるかについての詳細は、 セキュリティ問題の重大度ガイドラインおよびセキュリティFAQページを参照してください


  1. Googleアカウントがあれば誰でもバグを報告できます