Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

WebRTCプロジェクトへの貢献

ライセンス契約

WebRTCは、機能とバグ修正のためのパッチ/プルを歓迎します!

Googleの外部の貢献者については、 Google個人貢献者ライセンス契約に記載されている手順に従ってください。すべての場合において、貢献者は、貢献を受け入れる前に、貢献者ライセンス契約に署名する必要があります。必要に応じて、個人または法人の契約を締結してください。

新しいサンプルを追加したり、既存のサンプルに大幅な変更を加えたりする場合は、詳細について話し合うことができる新しい問題を作成することから始めることをお勧めします。

新しいサンプルを作成したり、既存のサンプルを更新したりするときは、既存のテストも作成または更新してください。このリポジトリ内のすべてのテストはNightwatch.JSUIテストとして実装されているため、独自の同じ設計に従ってください。

指示

最初のパッチの提供

最初のCLをアップロードするには、いくつかの準備を行う必要があります。

  • コードをチェックアウトしてビルドします
  • 貢献者契約書に記入します(上記を参照)
  • これまでにコードを送信したことがない場合は、(または貢献者契約が組織によって署名されている場合は組織の)名前と連絡先情報をAUTHORSファイルに追加する必要があります。
  • https://webrtc.googlesource.com/new-passwordにアクセスし、メールアカウントでログインします。これは、 git config user.emailによって返されるアカウントと同じである必要があります
  • 次に、次のgit cl creds-check実行します: git cl creds-check 。エラーが発生した場合は、 discuss-webrtcでヘルプを求めてください

上記を繰り返す必要はありません。これで、アップロードする準備が整いました。

最初のパッチをアップロードする

アカウントを設定したので、実際のアップロードを行うことができます。

  • これを行う:

    • マスターブランチにいると仮定します。
      • git checkout -b my-work-branch
    • 変更を加え、ローカルでビルドし、ローカルでテストを実行します

      • git commit -am "Changed x, and it is working"
      • git cl upload

      これにより、すべてのローカルコミットメッセージを表示するテキストエディタが開き、CLの説明になる前に変更できるようになります。

      バグエントリを正しく入力してください。 webrtc:123chromium:12345 、問題追跡システムのプレフィックスと問題番号をコロンで区切って指定してください。課題トラッカープレフィックスと課題番号がない場合は、「 None追加してください。

      ファイルを保存して閉じ、WebRTCコードレビューサーバーへのアップロードを続行します

      このコマンドは、 https://webrtc-review.googlesource.com/c/src/+/53121のようなリンクを出力します。すべてがうまくいけば。

  • このCLリンクをクリックしてください

  • サインインしていない場合は、右上の[サインイン]ボタンをクリックして、メールでサインインしてください

  • [レビューの開始]をクリックして、レビュー担当者を追加します。リポジトリ周辺のOWNERSファイルでレビューアを見つけることができます(変更に最も近いものを取得してください)

  • レビューアのフィードバックに対処する:

    • 変更を加え、ローカルでビルドし、ローカルでテストを実行します
      • git commit -am "Fixed X and Y"
      • git cl upload
  • レビュー担当者がパッチをLGTM(承認)したら、コミットキューに入れるように依頼します

注意:Windowsでは、 .gitcookiesファイルを見つけるために、Gitbashシェルで上記を実行する必要があります。

トライボット

WebRTCで多くの作業をしている場合は、試用権を申請できます。これは、すべてのプラットフォームですべてのテストを実行するtrybotを実行できることを意味します。これを行うには、bugs.webrtc.orgにバグを報告し、EngProdチームに試用権を付与するよう依頼します。

トライジョブを実行するには、上記のようにCLをアップロードし、CQドライランをクリックするか、GerritUIで[Trybotsを選択]をクリックします。これには試用権が必要です。それ以外の場合は、レビュー担当者にボットを開始するように依頼してください。