Google is committed to advancing racial equity for Black communities. See how.
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

WebRTCアプリケーションのテスト

WebRTCアプリケーションの自動テストを作成する場合、ブラウザーで有効にして開発とテストを容易にすることができる便利な構成があります。

クロム

Chromeで自動テストを実行する場合、起動時に次の引数が役立ちます。

  • --allow-file-access-from-files -file:// URLのAPIアクセスを許可します
  • --disable-translate翻訳ポップアップを無効にします
  • --use-fake-ui-for-media-stream stream-偽のメディアストリームを提供します。 CIサーバーで実行する場合に便利です。
  • --use-file-for-fake-audio-capture=<filename> - --use-file-for-fake-audio-capture=<filename>するときに使用するファイルを提供します。
  • --use-file-for-fake-video-capture=<filename> - --use-file-for-fake-video-capture=<filename>時に使用するファイルを提供します。
  • --headlessヘッドレスモードで実行します。 CIサーバーで実行する場合に便利です。
  • --mute-audio音声出力をミュートします。

Firefox

Firefoxで自動テストを実行する場合、起動されたインスタンスで使用される設定キーのセットを提供する必要があります。以下は、WebRTCサンプル自動テストに使用される構成です。

 "prefs": {
    "browser.cache.disk.enable": false,
    "browser.cache.disk.capacity": 0,
    "browser.cache.disk.smart_size.enabled": false,
    "browser.cache.disk.smart_size.first_run": false,
    "browser.sessionstore.resume_from_crash": false,
    "browser.startup.page": 0,
    "media.navigator.streams.fake": true,
    "media.navigator.permission.disabled": true,
    "device.storage.enabled": false,
    "media.gstreamer.enabled": false,
    "browser.startup.homepage": "about:blank",
    "browser.startup.firstrunSkipsHomepage": false,
    "extensions.update.enabled": false,
    "app.update.enabled": false,
    "network.http.use-cache": false,
    "browser.shell.checkDefaultBrowser": false
}