Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TURNサーバー

ほとんどのWebRTCアプリケーションが機能するためには、ピア間のトラフィックを中継するためにサーバーが必要です。これは、クライアント間で直接ソケットができない場合が多いためです(同じローカルネットワーク上にない場合)。これを解決する一般的な方法は、TURNサーバーを使用することです。この用語は、リレーNATを使用したトラバーサルを意味し、ネットワークトラフィックをリレーするためのプロトコルです。

現在、オンラインで利用できるTURNサーバーにはいくつかのオプションがあり、自己ホスト型アプリケーション(オープンソースのCOTURNプロジェクトなど)としても、クラウドが提供するサービスとしても利用できます。

TURNサーバーをオンラインで利用できるようにしたら、クライアントアプリケーションがそれを使用するための正しいRTCConfigurationが必要です。次のコードスニペットは、TURNサーバーのホスト名がmy-turn-server.mycompany.comあり、ポート19403実行されているRTCPeerConnection設定例を示しています。構成オブジェクトは、サーバーへのアクセスを保護するためのusernamecredentialsプロパティもサポートします。これらは、TURNサーバーに接続するときに必要です。

 const iceConfiguration = {
    iceServers: [
        {
            urls: 'turn:my-turn-server.mycompany.com:19403',
            username: 'optional-username',
            credentials: 'auth-token'
        }
    ]
}

const peerConnection = new RTCPeerConnection(iceConfiguration);