Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TURNサーバー

ほとんどのWebRTCアプリケーションが機能するには、ピア間でトラフィックを中継するためにサーバーが必要です。これは、クライアント間で直接ソケットを使用できないことが多いためです(クライアントが同じローカルネットワーク上にある場合を除く)。これを解決する一般的な方法は、TURNサーバーを使用することです。この用語は、Relay NATを使用したTraversalの略で、ネットワークトラフィックを中継するためのプロトコルです。

現在、オンラインで利用できるTURNサーバーには、セルフホストアプリケーション(オープンソースのCOTURNプロジェクトなど)とクラウド提供サービスの両方として、いくつかのオプションがあります。

TURNサーバーをオンラインで利用できるようになったら、必要なのは、クライアントアプリケーションがそれを使用するための正しいRTCConfigurationです。次のコードスニペットは、TURNサーバーのホスト名がmy-turn-server.mycompany.com 、ポート19403実行されているRTCPeerConnection構成例を示しています。構成オブジェクトは、サーバーへのアクセスを保護するためのusernamecredentialsプロパティもサポートします。これらは、TURNサーバーに接続するときに必要です。

const iceConfiguration = {
    iceServers: [
        {
            urls: 'turn:my-turn-server.mycompany.com:19403',
            username: 'optional-username',
            credentials: 'auth-token'
        }
    ]
}

const peerConnection = new RTCPeerConnection(iceConfiguration);