グーグルは、ブラックコミュニティのための人種的資本を進めてまいります。 どのように参照してください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ユニファイドプランSDPフォーマット - 移行計画

Googleは標準準拠のフォーマットに(「プランB」と呼ばれる)は、現在のSDPフォーマットからの移行ChromeののWebRTC実装に計画している四半期の次のカップル上(ドラフト-IETF-rtcweb-jsep「プランを統一」)。

計画は4つの段階、および1つの過渡API機能を必要とします。

誰が影響を受けることになります

単一PeerConnectionに複数のオーディオトラックまたは複数のビデオトラックを使用する人は、ユニファイド・プランの下で彼らの製品をテストする必要があり、それに応じて適応されます。コールが非クロームエンドポイントから開始とChromeによって回答された場合には、オファーの形を変更する必要があります。 MSID属性に関するSDPの解析とケアについて詳述しない人は、自分が新しいフォーマットアップ(A = MSID)コードピックを解析することを確認する必要があります。変更が必要になるとアプリは変更する必要がどのようにするかどうかについての詳細は、アプリケーションに依存になります。私たちは、単一のオーディオおよびRTCPeerConnectionごとに単一のビデオトラックを使用するほとんどすべてのアプリケーションは、変更の影響を受けないだろうと思います。

APIの機能

私たちは、RTCPeerConnectionのRTCConfigurationにつの新しい機能を追加しています。

 enum SdpSemantics {
  "plan-b",
  "unified-plan"
};


partial dictionary RTCConfiguration {
   SdpSemantics sdpSemantics;
}
 

RTCConfigurationはRTCPeerConnectionのコンストラクタに渡すことができ、かつ構築すべてのオファーと回答は、ユニファイドプラン形式になります。 setLocalDescriptionとsetRemoteDescriptionへの通話もSDPユニファイドプラン形式であることを期待しています。それは、従来のクロム形式の場合、すべてが、最初のオーディオトラックと最初のビデオトラックは無視されます。

このフラグのデフォルト値は「統一計画」に設定することを可能にするコマンドラインフラグ(-enable-機能= RTCUnifiedPlanByDefaultクロームM71で、上、-enable-ブリンク機能=以前のバージョンでRTCUnifiedPlanByDefault)もあります。

フェーズ

フェーズ1:統合計画を実施

統一計画が現在開発されており、実験のためのフラグがM65から利用されています。フェーズ2までは、カナリアでのテストに賢明です。あなたは「-enable-ブリンク機能= RTCUnifiedPlan」でChromeを実行する場合は、上記の「sdpSemantics」機能にアクセスする必要があります、およびユニファイドプランでテストを開始することができます。

フェーズ2:API機能は、一般的に利用できるようにします

M69(ベータ版2018年8月、安定した2018年9月)にリリース

この段階で、sdpSemanticsフラグのデフォルト値は、「PLAN-B」です。フェーズ2では、我々は、SDPフォーマットに依存の実装を持っている人は、ユニファイド・プランが使用されているときに自分のアプリケーションが動作するかどうかを確認するためにテストを実行することを期待します。あなたがFirefox用行うようにだけ実行します。アプリケーションのサポートFirefoxは、私たちは、これは非常に単純な運動であることを期待しています。

sdpSemanticsフラグのデフォルト値は「クローム://フラグ」に変更することができます。 「:デフォルトで計画SDPセマンティクス統一使用のWebRTC」機能を探してください。

フェーズ3:デフォルトのスイッチ

スイッチの日付は、広範なテストの後に、ユーザーとの協議に設定されます。当社の現在の計画では、M72(ベータ版2018年12月、安定した2019年1月)です。

この段階で、私たちは「統一計画」にsdpSemanticsフラグのデフォルト値を変更します。彼らは変換するために、より多くの時間を必要とすることを発見するアプリケーションでは、以前の動作を回復するために明示的に「PLAN-B」にsdpSemanticsフラグを設定することができます。

テストの一環として、我々はM71とM72の開発サイクルにわたってカナリア複数回にフラグのデフォルト値を変更してみてくださいことを期待しています。

我々は、フェーズ4の日付を設定するために、フラグの使用状況を監視され、SDPの量は、「プランB」セマンティクスで受信されます。

フェーズ4:削除「プランB」

この段階で、sdpSemanticsフラグと計画Bを支持するためのすべてのコードは、Chromeから削除されます。 sdpSemanticsフラグを設定すると、エラーではありませんが、効果がありません。

統合計画のためのアプリケーションの準備

プランBとユニファイドプランの違いの詳細については、どのようにアプリケーションが参照、統合計画の準備のために更新する必要があり、「統一計画」移行ガイド(JavaScriptを)

ネイティブ(C ++)アプリケーションでは、文書が参照「統合計画にネイティブ/モバイルアプリケーションの移行」